e2 studioでCMakeでビルドする、というアプリケーションノートがあるのですがスマートコンフィグレータは使えるのでしょうか?

こんにちは。NoMaYです。

Visual Studio 2022を触っていて、これからVisual Studio上でCC-RX/CC-RL/CC-RHを使うならCMakeを使うのが良いのかな?と思い始めたところ、ルネサスさんから以下のアプリケーションノートが発行されていたことを思い出したので目を通してみたのですが、どうもこれではスマートコンフィグレータどころかコンパイルオプションの設定すらe2 studio上では出来ないのでは?という気がしてきました。実際、どうなのでしょう?御存知の方はいらっしゃいますでしょうか?

アプリケーションノート 統合開発環境 e² studio CMakeプロジェクトを作成してビルドする
R20AN0613JJ0200 Rev.2.00 Pages 10 Jun.30.21
www.renesas.com/jp/ja/document/apn/e-studio-creating-and-executing-build-cmake-project
 
[追記] 2021/12/31 11:00

ひとつ調査漏れに気付きました。こういうアプリケーションノートも出ていたのですね。

アプリケーションノート 統合開発環境 e² studio CMakeを使用してCC-RX用ソース・ファイルをビルドする
R20AN0569JJ0201 Rev.2.01 Pages 12 Sep.15.21

PDF
www.renesas.com/jp/ja/document/apn/integrated-development-environment-e-studio-using-cmake-renesas-cc-rx-compiler-rev201

ZIP
www.renesas.com/jp/ja/document/scd/integrated-development-environment-e-studio-using-cmake-renesas-cc-rx-compiler-rev201-sample-code
 

Parents
  • こんにちは。NoMaYです。

    昨日のCMakeファイル(GNURX+VSCode)をCC-RX+VSCode向けに作ろうとしているのですけれど、最終的に望ましいのは以下のフォルダにルネサスコンパイラ(CC-RX/CC-RL/CC-RH)向け定義ファイルが追加されることですね、、、どなたかやろうとされているかなぁ?、、、

    gitlab.kitware.com/cmake/cmake/-/tree/master/Modules/Compiler

    [関連リンク]

    gitlab.kitware.com/cmake/cmake/-/merge_requests

    gitlab.kitware.com/cmake/cmake/-/issues
     

  • NoMaYさん

    こんにちは、シェルティです。

    あけましておめでとうございます。また本年度もいろいろと情報交換させていただけますと幸いです。

    さてCMakeについてですがまだCMake公式にRXコンパイラ用ファイルを追加してもらう計画はないですね。この機に提案してみます。実は社内GitLabでもRX Driver Package のテストシステムはCMakeでビルド(CC-RX、GCC、IAR)しておりましてCMakeのコミュニティにコミットする材料は整っています。

    NoMaYさんに多大なご協力をいただいたAmazon FreeRTOS移植活動においても、オープンソースコミュニティにコミットしていく意義をMCU界隈の関係者に布教することもできてきました。Linux関係者と違いMCU関係者の間では、Amazon FreeRTOSの活動前までGitHubのプルリクエストってなんだ?というような状態でしたが、Amazon FreeRTOS本家にRXファミリのコードが取り込まれてOSと結合された状態で常に最新版でAWSにて動作検証される、ということが実体験として共有でき実ビジネスにも響いています。

    CMakeもただしく予算化して人を割り当てる提案ができれば、公式にコミットしていくことも可能と思います。その提案にCMake対応することによるビジネス可能性をうまく表現できれば、と思案中です。Amazon FreeRTOSやAzure RTOSなどの著名OSがCMakeを採用しており、MCUベンダ毎の依存コードもCMakeでコンポーネントとしてビルドできる状態でgit submoduleでリンクさせる、という形式がテンプレート化してきており、MCUベンダ側のソフトウェアパッケージ(Flexible Software PackageやRX Driver Package など)もCMakeに対応していないとオープンソースとの組み合わせビルドが困難になり世の中から取り残される、故にCMake対応は必須である、というような提案を書きつつあります。

    引き続き相談させていただけますと幸いです。

    以上です

Reply
  • NoMaYさん

    こんにちは、シェルティです。

    あけましておめでとうございます。また本年度もいろいろと情報交換させていただけますと幸いです。

    さてCMakeについてですがまだCMake公式にRXコンパイラ用ファイルを追加してもらう計画はないですね。この機に提案してみます。実は社内GitLabでもRX Driver Package のテストシステムはCMakeでビルド(CC-RX、GCC、IAR)しておりましてCMakeのコミュニティにコミットする材料は整っています。

    NoMaYさんに多大なご協力をいただいたAmazon FreeRTOS移植活動においても、オープンソースコミュニティにコミットしていく意義をMCU界隈の関係者に布教することもできてきました。Linux関係者と違いMCU関係者の間では、Amazon FreeRTOSの活動前までGitHubのプルリクエストってなんだ?というような状態でしたが、Amazon FreeRTOS本家にRXファミリのコードが取り込まれてOSと結合された状態で常に最新版でAWSにて動作検証される、ということが実体験として共有でき実ビジネスにも響いています。

    CMakeもただしく予算化して人を割り当てる提案ができれば、公式にコミットしていくことも可能と思います。その提案にCMake対応することによるビジネス可能性をうまく表現できれば、と思案中です。Amazon FreeRTOSやAzure RTOSなどの著名OSがCMakeを採用しており、MCUベンダ毎の依存コードもCMakeでコンポーネントとしてビルドできる状態でgit submoduleでリンクさせる、という形式がテンプレート化してきており、MCUベンダ側のソフトウェアパッケージ(Flexible Software PackageやRX Driver Package など)もCMakeに対応していないとオープンソースとの組み合わせビルドが困難になり世の中から取り残される、故にCMake対応は必須である、というような提案を書きつつあります。

    引き続き相談させていただけますと幸いです。

    以上です

Children
  • シェルティさん、こんにちは。NoMaYです。#今年も宜しくお願いします。

    人員確保/予算確保は少しまだ先な感じですね。今しばらくはCMakeとCC-RX/CC-RL/CC-RHのことを調べてみようと思いました。ところで、ルネサスさんの社内GitLabのRX Driver Package のテストシステムのCMakeなのですが、先日私が気付いた、ルネサスコンパイラ向け定義ファイルをModules/Compiler/フォルダに追加するやり方のものでしょうか?もしもそうであれば、(ルネサス社としてさっと公開するのは難儀な話なのは分かった上でダメモトですけれど)かふぇルネでリプライに添付するなどで見せて頂くことは出来ますか?(何と言いますか、私は、ゼロから作ることを誇る派ではなく、既にあるものに積み上げることを尊ぶ派(最終的に原型が残ってなくても)なので、その話を聞いて無関心でいられないところでしたので。)(確認してみましたが、GitHubのルネサスさんのRX Driver Packageのリポジトリの中にはCMakeLists.txtや*.cmakeは無かったです。社内システムとのことでしたので無いとは思っていましたけれども。)